借金を解決する方法は

身内に借金をしてしまった人が居る場合、債務者の人が返済を出来ているうちは周りに迷惑がかかることも無いので問題はありませんが、返済が滞ってしまえば家族や身内などにも影響が出てしまうケースも無いとは言えません。

親しい家族であれば返済の為に債務者にお金を貸すという人も居るでしょう。

しかし、他にも借金問題を解決する方法というのはあるので、債務者と相談を行い今後どのようにしていくかを話し合っていく必要があります。

まず、問題を解決する方法として最近多くの人が利用している方法が弁護士に相談をするということです。

借金に関する相談のみであれば無料で行ってくれる事務所も多くあり、場合によっては払いすぎた利息の返還である過払い金の返還請求によってお金が戻ってくれるケースもあります。

さらに、借り入れ金があまりにも多額で返済を自分ですることが出来ないという場合であっても、相談を行うことによってその人にあった方法を提案してもらい、法的手段を取ってもらうことも可能になります。

そのため弁護士に相談することによって債務者の負担を減らすと共に身内に降りかかる負担というのも減らすことが出来ます。

取り返しのつかない状態になる前に自分や周りの負担を軽くするという意味でも適切な場所へ相談へ行くということはとても大切です。

身内に債務者がおり、返済が厳しい状況にあるという場合はこういった方法を用いるというのも1つの手段として有効です。

身内が返済する義務は

身内の連帯保証人の問題の他にも身内に降りかかる問題があります。

それが、家族で内緒で借金をしていて、その返済を家族が要求されるケースです。

借入先から債務者の家族に返済を要求されると返済する義務があると勘違いしてしまいますがそうではありません。

いくら債務者と血が繋がっている家族や婚姻関係にある配偶者などの近い存在であったとしても、債務者が生きているうちは連帯保証人になっていない限り、借入先から返済を要求されることがあっても返済する義務はありません。

そのため、請求がきた場合返済を無視しても処罰などの対象になることはありません。

ですが、これは債務者が生きている場合ですので場合によっては身内の方に借金返済の義務が生じる場合もあります。

その特別なケースというのが借金をしていた家族が亡くなった場合です。

債務者が無くなると負の財産であるものも財産の扱いになります。

財産というのは現金や不動産などの価値のあるものだけではなく、亡くなった人の債務なども財産として相続されます。

それを避けるには全ての財産を放棄する財産放棄をする必要があります。

あまり価値のない財産が多くない場合は財産放棄を行うのが賢明です。

これを行うには債務者の方が亡くなってから3ヵ月以内に家庭裁判所へ行き申し出をする必要があります。

ですが、財産を放棄すると相続順位が変わり他の人へ財産が移行するため、債務を相続する人が身内に出ないようにするためには親族で話し合い全員で相続を放棄するようにしましょう。

身内の連帯保証人に

自分自身の借金というのも怖いものですが、身内の借金というのも周りに大きな影響を与える場合があります。

お金を借りるためには誰かに連帯保証人になってもらう必要があります。

連帯保証人とはお金を借りた人が返済することができなくなった場合に、返済する義務を負う人のことです。

実際、自分が債務を負わなければいけない可能性も十分にありますから、親しい仲の人でなければ連帯保証人になってくれる人は居ないでしょう。

そのため、身内の人が連帯保証人になり、返済をしなければいけなくなったケースというのが多くあります。

日弁連・消費者問題対策委員会が行った自己破産や債務整理などの法的整理を行った人を対象にした調査によると2割以上の人が『連帯保証人としての返済や債務を肩代わりしたことによるもの』と回答しています。

そのため、身内であっても連帯保証人になるのはとても危険です。

身内の保証人になってしまったけどやめたいという話をよく耳にしますが、一度借金の連帯保証人になってしまうとそれをやめるということは原則としては債務者がお金を返済し終わらない限りやめることが難しくなっています。

連帯保証人になってもメリットはない上にいつ自分に債務が降りかかってくるか分からない怖いものです。

身内から連帯保証人を頼まれた場合はいくら親しい間柄であってもそれによって自分や家族に負担が強いられることもあるので、それをしっかりと考える必要があります。

借金の怖さ

私たちが生活している世の中というのは便利なもので、お金が手元になくてもキャッシングやクレジットカードなどを使用することによってお金を持つことが出来たり、カードで買い物をすることが出来ます。

これらのものはある程度の条件さえクリアしていれば利用することのできるものですが、便利な反面怖さも孕んでいます。

これらの借金と呼ばれるものは、昔に比べると手続きも簡単になっており、来店せずともお金を借りることも出来るようになったため、手を出しやすいものになっていますが、利用する場合には必要最低限の額しか借りないということがとても大切です。

融資を受ければそのお金を返済していかなければなりません。

ですが、融資を受けた額と同じ額を返済すれば良いという訳ではありません。

お金を借りた時点で借り入れ額+利子や利息などと呼ばれるお金を借りたレンタル料のようなものを支払う必要があります。

そのため、借りる額が大きければ大きい程、利子や利息も高くついてしまいます。

この利子や利息などが加わることにより、借りた額よりも多くのお金を債務者は返済しなければならなくなるので借り入れ額が大きければ大きい程返済を完了させるのに時間がかかります。

さらに最悪のケースですと返済することが出来なくなって借金を返すためにさらに借金を作ってしまう場合もあります。

お金を借りることが出来るというのは便利な反面、きちんと自分の生活状況を考えた上でお金を借り、明確な返済計画を立てていかなければ自分をより厳しい環境へと追い込んでしまう危険性も秘めているので注意が必要です。