身内が返済する義務は

身内の連帯保証人の問題の他にも身内に降りかかる問題があります。

それが、家族で内緒で借金をしていて、その返済を家族が要求されるケースです。

借入先から債務者の家族に返済を要求されると返済する義務があると勘違いしてしまいますがそうではありません。

いくら債務者と血が繋がっている家族や婚姻関係にある配偶者などの近い存在であったとしても、債務者が生きているうちは連帯保証人になっていない限り、借入先から返済を要求されることがあっても返済する義務はありません。

そのため、請求がきた場合返済を無視しても処罰などの対象になることはありません。

ですが、これは債務者が生きている場合ですので場合によっては身内の方に借金返済の義務が生じる場合もあります。

その特別なケースというのが借金をしていた家族が亡くなった場合です。

債務者が無くなると負の財産であるものも財産の扱いになります。

財産というのは現金や不動産などの価値のあるものだけではなく、亡くなった人の債務なども財産として相続されます。

それを避けるには全ての財産を放棄する財産放棄をする必要があります。

あまり価値のない財産が多くない場合は財産放棄を行うのが賢明です。

これを行うには債務者の方が亡くなってから3ヵ月以内に家庭裁判所へ行き申し出をする必要があります。

ですが、財産を放棄すると相続順位が変わり他の人へ財産が移行するため、債務を相続する人が身内に出ないようにするためには親族で話し合い全員で相続を放棄するようにしましょう。